LIFERAY PLATINUM SERVICE PARTNER

aegif

サイト内リンク

事例紹介

商事法務

プロジェクト概要

商事法務本社の他に関連する団体や会社が11あり、それぞれにサイトを持っていた。それらのサイトは使っているCMSや更新方法も異なっており、なかにはサイバー攻撃を受けてダウンしてしまったサイトもある。
管理コストがふくれあがっており、早急にこれらを統一し、管理しやすくセキュアなサイトを構築する必要があった。いっぽうで、各サイトごとに求められる機能が異なっているため、柔軟にサイトをカスタマイズでき、それぞれのサイトで更新された情報をポータルサイトへ集約し、再利用を促進することもあわせて求められていた。
まずは数サイトをポータルサイト化し、サイトを統合的に管理の体制を作り、最終段階ではすべてのサイトをポータル化することを目指した。

技術的課題

グループでは各サイトごとにさまざまなセミナーを多く開催しており、同じプラットフォームでありながら、それぞれのサイトごとにデザインや要件の異なる募集ページや申し込み用のフォームが必要となる。そのため、セミナー募集ページを、それぞれの組織やセミナーに沿ったかたちで担当者が容易に生成できることが求められていた。この要件を解決するために、登録フォームをLiferayのカスタムポートレットとして作成することとした。ここには、セミナーの欠員時の再募集、リマインダメールなどの機能がふくまれている。これにより、各組織のやりかたに沿った、柔軟なセミナー募集ページを、各組織の裁量で生成できるようになった。セミナー修了後に、セミナーページに動画を公開し、申込者が自由に見られるような仕組みも作成した。

Liferay 選定のポイント

統合ポータルサイトとしての機能性

求められる機能
性質の異なるサイトを統合的に管理しつつ、それぞれの組織ごとにコンテンツを発信していく必要があった。複数のサイトはそれぞれ別個の利用者を持ち、それぞれに担当者が自由にコンテンツを作成できるなど、統合ポータルサイトを構築する必要があった。
担当者には自由なコンテンツ作成をうながしたいという反面、ポータル管理者により、それらを統合して管理し、内容確認を集約できる仕組みも必要とされていた。
Liferayの機能
Liferay Portalは洗練されたポータルだけでなく、WCM(Webコンテンツ管理)、ソーシャルコラボレーション、エンタープライズアプリケーションとの連携など、幅広い機能を備えています。また、すぐに利用できる60以上のポートレットを同梱しているため、簡単に使い始め、成果をすばやく実現することができます。

サイトごとに異なった機能を実装できる拡張性

求められる機能
各サイトの機能として参加者フォームなどでセミナー集客できる必要があったが、サイトによって参加者フォームに求める機能が異なっていたため、サイトごとに異なったフォームが作成できる必要がある。標準機能で用意されているか、あるいは、できる限り低コストでカスタマイズできることが求められていた。
Liferayの機能
Liferay Portalは単純にポータル機能を提供するだけではなく、エンタープライズアプリケーションプラットフォームとして機能します。Liferay Portalの上に独自のビジネスソリューションを構築することができるのです。プラットフォーム上で独自サービスを開発することにより、Liferay Portalが持つスケーラビリティやセキュリティなどの機能を統一的に利用できます。また、プラットフォームの統一は開発・管理コストの削減をもたらします。

サイバー攻撃に耐えうる堅牢性と安定性

求められる機能
これまでサーバがダウンするほどの攻撃を受けてきたことから、サイバー攻撃にも耐えられる堅牢なソフトウェアであることは必須だった。また、多くのアクセスに耐えられる必要があるなど、エンタープライズレベルの非機能要件が求められていた。
Liferayの機能
Liferay Portalはエンタープライズでの利用に必須とも言える、高いパフォーマンスとスケーラビリティ、可用性を持っています。また、高度で柔軟なアクセス権制御やユーザ操作ログ取得などの監査機能も備えています。高いスループットを求められる大規模サイトから、セキュアなイントラネットポータルまで幅広いWebサイトが構築できます。

お客様の声

サイトをLiferayに移行して、会員数は3000人を超えています。また、月間38万Viewも達成することができました。このページビューは以前と比べても非常に増加しており、セミナーの申し込みも増えています。
まだまだやりたいことはたくさんありますが、ポータルサイトへのLiferay導入の効果はあったと感じています。

今後の展開

今回のポータルサイト化でさまざまな知見が得られた。現在はセミナーなどの決済システム、メールマガジン配信システムなど現在は別システムとして運用されている部分もポータルの一機能として統合したいなどの新たな要件も出てきている。これらをふまえて、最終的な目標である全サイトのポータルサイト化を進めていく。

menu

製品の導入や詳細に関してはお気軽にお問い合わせください

HPからのお問い合わせはこちら

お電話 03-5771-1566 ( 平日10:00-18:00受付 )