採用情報 CAREERS

トップメッセージ

私はaegifという会社が大好きです。

社長だから当たり前でしょう、と思う人もいるかもしれません。しかし、私がaegifの社長で創業者だからaegifが好きなのではありません。aegifの事を好きな理由は別にあります。

私がaegifの事を好きな理由はaegifの素晴らしい文化にあります。

私は他人の人権を侵害しない限り、個人の選択がいつでも重視される社会であるべきだと思っています。我々はまず人間であって、その後に仕事人であるということです。
家族や自分の時間よりも仕事の時間が大切な人もいれば、そうではない人もいるということです。
自分がどう時間を使いたいかという意思決定が大切で、他人からこうしろ、こうあるべきと言われる必要はないということです。

人が自分らしく生きるために必要なことは、人それぞれ違うはずです。ある人は仕事、ある人は家族、ある人は自分の趣味、どれが正解というのはありません。また、人生のタイミングによって仕事に一番時間を使いたい時期、仕事以外の趣味に一番時間を使いたい時期、家族のために一番時間を使いたい時期、同じ一人の個人の中でもその瞬間一番大切なものは変わってくるはずです。

私自身このような個人の選択が尊重される会社でなければ働きたくありません。会社を設立してから今までずっとそのために様々な制度を導入したり、機会があるたびにメッセージを出してきました。

  • 男性でも女性でも育児休暇を取れるように
  • 有給休暇は本人の希望通り取得できるように
  • 副業は自由にできるように
  • 留学やワーキングホリデーなどのための長期休職ができるように
  • 仕事のペースや天候に合わせて自宅作業ができるように
  • 家族の誕生日に1日かけて一緒にすごせるように
など、数え上げたらきりがありません。

aegifを設立したのが2006年、もう10年以上事業を続け、毎期黒字経営を続けながらメンバのみんなにメッセージを伝えてきました。ある瞬間、会社の売上とaegifの文化がトレードオフになったことがあるのは事実です。でも私にとってはそんなことはaegifの素晴らしい文化を守るためには大した事ではありません。個人の選択がいつでも重視される社会の実現が何より大切だからです。

その結果、aegifでは、男性や女性が育休を取ることに文句を言う人も、有給休暇を取ることに文句を言う人も、副業を隠れてコッソリやる人も、長期休職できないから仕方なく退職する人も、電車が遅延して遅延証明の行列に並ぶ人も、家族の誕生日なのに一緒に祝えないと同僚に愚痴る人もいなくなりました。

今となってはaegifのメンバがaegifのこの素晴らしい文化を理解して守るために自律的に考え行動してくれています。私が何も言わなくても、各人が自分たちの判断で個別の状況に応じてこの素晴らしい文化に応じた意思決定を、まるで息を吸うかのように当たり前に行っています。

だから、私はaegifが大好きなのです。aegifの社長で良かったといつも心から思っています。
この素晴らしい文化をもっと多くの人に味わって広めていきたい、そのために多くの仲間がaegifに参加してくれることを望んでいます。

株式会社イージフ
代表取締役社長
藤井 健一郎

Page TOPへ