null Liferay DXP 7.4 新機能の紹介(2)

Liferay DXP 7.4が2021年11月にグローバルでリリースされました。7.3から1年程度での新バージョンリリースです。業界の変化に柔軟に対応し、素早くかつ継続的に最適なソリューションを提供するための機能群が拡充されています。エンドユーザのエクスペリエンス向上はもちろん、ローコード/ノーコード開発の機能拡充によりサービスを提供する側のデジタルエクスペリエンスの向上にもウェイトが置かれているという印象です。

Liferayの公式サイトを参照し、2つの記事に分けてざっくりと追加機能の内容を見ていこうと思います(数が多いので、網羅できているわけではありません)。当記事ではページやコンテンツの作成に関する新機能を紹介します。

特定のviewportでフラグメントを非表示

コンテンツページのレスポンシブ対応の選択肢として、特定viewportで特定フラグメントを非表示にする設定が追加されました。テーマ/cssの記述をすることなく、柔軟なデザイン対応が可能となりました。

コレクション表示の機能拡充

7.3で追加されたコレクション表示フラグメントに対して検索ワードやカテゴリによるフィルタリングができるフラグメントが追加されました。コレクション表示自体にもページネーションが追加されています。

従来のアセットパブリッシャーと同等のことがコレクション+フラグメントで実現できるようになっています。アセットパブリッシャーではデザイン調整にADTを記述する必要があったため、ハードルを感じていた方もいらっしゃるかもしれません。コレクションの場合はフラグメントの要素にコレクションのアセットをマッピングして表示できるので、デザインを伴うコレクションデータ表示を簡単に実装できます。今後はより多くの種類のフラグメントがマッピングに対応してくるはずです。

コンテンツページの翻訳

コンテンツページ内のインラインテキストをサイド・バイ・サイドの画面で翻訳できるようになりました。さらに…

 Google Cloud TranslationやAzure Transtlator(Update 6以降)と連携することにより、必要に応じて自動翻訳も実行できるようになっています。これはWebコンテンツでも同様です。

ドキュメントとメディアの機能追加

ドキュメントとメディアへの有効期限の追加

ドキュメントにWebコンテンツのような有効期限・レビュー日時を設定できるようになりました。

タイトルの柔軟化

これまではアップロードするファイル名=ドキュメント名となっていましたが、ドキュメントに表示用のタイトルを別途付与できるようになりました。

外部動画の保存

外部動画の情報をドキュメントライブラリにショートカットとして保存できるようになりました。現在の対象ホスティングサービスはYouTube、Vimeo、Facebook、Twitchとなっています。

 

内部動画再生ツールの変更(FFmpeg)

Liferayのドキュメントライブラリに動画をアップロードし、ページに埋め込んで再生することも引き続き可能です。7.4からは再生/プレビュー作成にXugglerではなくFFmpegを利用するようになりました。この詳しい設定方法は別記事で紹介予定です。

コンテンツアップロード時のフォルダ作成

コンテンツの作成中に挿入するため画像などをドキュメントライブラリにアップロードする際、アップロード先として既存のフォルダを選択するだけでなく、新規フォルダを作成できるようになりました。

 

今回は以上です。今後も7.4の機能を紹介する記事を投稿していく予定ですので、どうぞお楽しみに。

関連記事
feature

RANKING
2021.1.08
2020.12.28
2020.12.01
2020.10.30
2020.12.18